ベアトリーチェは、魔女として「無限」と「黄金」の2つの称号を持っている。
これらは本来、異なる魔法大系からの称号であるため、彼女は2つの魔法大系を持っていると言える。

無限の魔女は、「無限創造」を基盤とし、彼女の比類なき無限の魔力の根源となる。
黄金の魔女は、「魔法実現」を基盤とし、空想の貴金属を顕現させる魔力は、希薄な魔法全てに顕現の奇跡を与える。

その2つをマリアージュ・ソルシエールにてさらに磨き上げ、「無限実現」という魔法大系に昇華させた。
その意味では、今の彼女は、無限と黄金の魔女ではなく、その2つの融合した新しい称号で呼ばれるべきである。

(EP4.TIPS ベアトリーチェの称号)


ベアトリーチェの魔法大系に関する記事を
(1)無限の魔法(2)黄金の魔法と続けてきましたが、今回がその締めくくりとなります。
テーマは「後見人」についてです。一体これはどのような概念で、どのような意味を持つ存在なのでしょうか?
今回も例によって「ラムダデルタ卿の回想記」の内容に絡めた話になりますので、合わせてお楽しみ下さい。
また、世界構造についての話がメインとなりますので、こちらの記事も参考記事として挙げさせて頂きます。

1.上位魔女による推薦という願い

>「自分を魔女に、して下さい。」
>「自分が求めるものはたったひとつ。自分と異なる魔女による、自分を魔女だと認めるとの推薦だけです。」
(ラムダデルタ卿の回想記.ベアトリーチェ&ラムダデルタ)

無限の魔法黄金の魔法によって人間界にて魔法大系を構築したベアトリーチェは、ラムダデルタに自分を魔女として認めてもらうことを望みます。
この時点でベアトリーチェ自身は既に自分がニンゲンを超える力を持つ魔女であるという認識を持っていました。

>「……魔女は、魔女になるのにも魔女の推薦がいると? 面白いけど、じゃあ、世界で最
初の魔女は誰が認めて成ったというのかしら?」
>「ニンゲンたちが、自分たちの域を超えた存在を、魔女だと呼んで称えたのでしょう。」

>「なら、私が認めなくても、あなたはすでに魔女だということになるわね。」
>「はい。だから私はもう、魔女です。……だからこそ。私が願うものはそれ。私が魔女で
あると、私より上位の存在から認められたいのです。」

 (ラムダデルタ卿の回想記.ラムダデルタ&ベアトリーチェ)

ニンゲンの域を超えた存在であるベアトリーチェの力は「無限の力を自由に行使する世界をゲーム盤の中に実現する」というものです。
そのような力をもつベアトリーチェはなぜ上位魔女の推薦を望んだのでしょうか?
その答えは「ラムダデルタ卿の回想記」の中では語られず、EP3でのラムダデルタとベアトリーチェの会話から判断できるものになっています。


2.みすぼらしい存在であることを忘れさせる力

>「…………元々、魔女ですらないあんたが、本当はどんなにみすぼらしい存在だったか、いつだって思い出させてあげるんだから。」
(EP3.ラムダデルタ)

ベアトリーチェを魔女として推薦したラムダデルタは、後見人の立場からベアトリーチェに釘を刺す時、「どんなにみすぼらしい存在だったかを思い出させる」という脅しを口にしました。
(このような脅しをした理由は、ラムダデルタが後見人となる条件の「絶対の意志」が弱いと判断されたからであると言えます)
つまり後見人の役割はその裏返しである「自らがみすぼらしい存在であることを忘れさせる」ことにあると言えます。

ここで、ベアトリーチェの魔法大系が人間界の中でどのように成立していることを思い出してみましょう。
ベアトリーチェが魔法を実現する事ができるのは自らが作ったゲーム盤、つまり想像上の物語の中、あるいは自らの権力が及ぶ六軒島の中だけであり、それを魔法を完全否定するニンゲンの視点から説明すると「魔法を使っていると自分で言っているだけのニンゲン」という、「みすぼらしい存在」に当てはまるものとなってしまいます。

つまりベアトリーチェは六軒島のゲーム盤の中では魔女でいられますが、それを客観的に観測することが出来る立場の存在からは「みすぼらしい存在」と解釈される可能性がある「仮初の魔女」なのです。
逆に言えば、六軒島のベアトリーチェを観測する事が可能な「上位魔女」に自分が魔女として認められている間は彼女は「みすぼらしい存在」と解釈されず、魔女でいられるという認識を持てると言うことができます。


3.上位魔女「航海者」にどう見られるか?

>「この、絡まった恋の物語を、絶対の意思で、終わらせる。……その絶対の意思に、絶対の魔女が微笑んで、あの子を二日間だけの魔女にした。」
(EP7.ベルンカステル) 

上位魔女であるラムダデルタが人間界のベアトリーチェを魔女と認めることで、ラムダデルタの力が及ぶ範囲でベアトリーチェは魔女として振る舞えます。
別の言い方をすれば、人間の世界を「カケラ」と呼び、物語のように観測することが出来る「航海者」の視点からはベアトリーチェが魔女として観測されることをラムダデルタが保証したことになります。
もしラムダデルタが後見人でなければ、航海者視点からはベアトリーチェは魔法を使ってると自分で言っているだけの「みすぼらしい存在」として観測されてしまうでしょう。

ベアトリーチェの絶対の意志とそれによって作られた魔法大系を評価したラムダデルタはこう宣言します。

>「我が名、絶対の魔女ラムダデルタの名において!あなたの“絶対なる魔法世界”が【絶対】であり続ける限り!
>私は永遠にあなたの後見人であり続けるわ…!!」

  (ラムダデルタ卿の回想記.ラムダデルタ)  

ベアトリーチェの絶対の意志に応えたラムダデルタは約束通りベアトリーチェを魔女として認め、航海者の視点からベアトリーチェが魔女として描写される物語が語られることとなりました。
それは、ベアトリーチェの魔法世界が【絶対】であった2日間の物語……。


まとめ

ベアトリーチェは上位魔女「航海者」であるラムダデルタに自身が人間界で構築した魔法大系を魔女の力であると認められました。
そしてラムダデルタはベアトリーチェが魔女であると推薦する「後見人」になりました。
その結果、航海者の視点からベアトリーチェの物語は彼女が魔女として描かれることになりました。

つまり「ベアトリーチェの後見人」とは、「人間のベアトリーチェの物語を魔女のベアトリーチェの物語として推薦する立場である」という意味を持つと言えるでしょう。
この概念は、ニンゲンの物語と魔女の物語、そしてそれを観測する航海者の物語を整理するために大きく役立ちます。