うみねこのなく頃に完全考察

竜騎士07作「うみねこのなく頃に」をミステリーとファンタジーの両方の視点から完全に考察することを目的としたブログです。

ニンゲンの世界

EP5の世界設定について ~1986年に生存しているさくたろう~

EP5の序盤に「1986年に破壊されていないさくたろう」が描写されるのはお気付きでしょうか?
それが出てくるのは、1986年親族会議が迫る作中現実世界で、絵羽、留弗夫、楼座が事前に集まって金蔵の死が隠蔽されている可能性について話し合う打ち合わせをする場面です。
楼座が留弗夫との電話中に以下のような描写があります。

>真里亞は自室で、さくたろうたちとはしゃいでいる。
次の日曜日に、出来たばかりの遊園地、デルゼニーランドに連れて行ってもらえることになっているからだ……。

(EP5)

時期は1986年、通常ならばさくたろうは破壊されているはずなのに何故健在なのか……?
一時期は作者の不手際なのではないか?と疑われ、一部で「バグたろう問題」等と呼ばれることとなりました。
(これはEP5には他にも複数の不手際があり、修正を受けたバグが存在していたことに由来しています)

しかしこの描写は原作だけでなく、後から発売された、PS3版や小説版でも同様に存在し、修正されていないことから「作者の誤り」と考えることは早計であると考えざるを得ません。

ここではその1986年のさくたろうの存在を説明する為の考察を行い、さらにそれを切り口として考察することで判明する「EP5でラムダが作ったゲーム盤はベアトのゲーム盤と何が違うのか?という謎について整理します。
続きを読む

ゲーム内文章とメッセージボトル・偽書の文章の食い違い

EP4で「メッセージボトル」というキーワードが取り上げられ、EP1、EP2の物語が何者かが流したメッセージボトルの物語であることが判明しました。
そして、EP6で初めて登場する「偽書」という概念によって、EP3以降の物語が八城十八の執筆した偽書であることが判明しました。
そこで読者は、「メッセージボトルの物語や偽書に書かれている範囲はゲーム内文章のどこまでか?」という問題に直面します。
読者がこれまで読んできたゲーム内文章全てがメッセージボトルの物語や偽書に書いてあるのでしょうか?
それとも、そこに書かれている物語はゲーム内文章の一部分だけなのでしょうか?

この考える事が難しい問題を考察の方針に従い、「98年現実世界の描写は全て事実」と言う前提から考察を進めていきます。続きを読む

挑めばミステリー。屈せばファンタジー?

「……1986年10月4日から5日の二日間のゲームについてはな。だが、そのゲーム盤の外についてまで、俺は魔女の存在を問うつもりはねぇぜ。」
「そもそも、悪魔の証明により、魔女の否定は不可能だ。そして、このゲームのルールに従い、赤でそれを語るのもステイルメイトで禁じ手だ。赤き真実でさえ、魔女の存在を否定はできねぇんだぜ。」

(EP5.戦人)

当ブログの考察方針「ファンタジーを否定しない」と言う前提があり、そこから世界構造の解釈でニンゲンの世界以外に幻想的な世界をいくつも認めています。
ここで、「それはファンタジーに屈したことになるのでは?」と思う人もいるかもしれません。
ですので、ここではミステリーとファンタジーの両方の視点による考察は、ファンタジーを完全否定する立場と大きな違いがないことを説明したいと思います。

続きを読む
管理人:どっぱん
記事検索
ギャラリー
  • 世界構造から考察する物語全体の流れ
  • 世界構造から考察する物語全体の流れ
  • 世界構造から考察する物語全体の流れ
  • 世界構造から考察する物語全体の流れ
  • 世界構造から考察する物語全体の流れ
  • 世界構造から考察する物語全体の流れ
  • 「うみねこのなく頃に」の世界構造
最新コメント