うみねこのなく頃に完全考察

竜騎士07作「うみねこのなく頃に」をミステリーとファンタジーの両方の視点から完全に考察することを目的としたブログです。

魔女の世界

ベアトリーチェの魔法大系 (3)後見人とは?

ベアトリーチェは、魔女として「無限」と「黄金」の2つの称号を持っている。
これらは本来、異なる魔法大系からの称号であるため、彼女は2つの魔法大系を持っていると言える。

無限の魔女は、「無限創造」を基盤とし、彼女の比類なき無限の魔力の根源となる。
黄金の魔女は、「魔法実現」を基盤とし、空想の貴金属を顕現させる魔力は、希薄な魔法全てに顕現の奇跡を与える。

その2つをマリアージュ・ソルシエールにてさらに磨き上げ、「無限実現」という魔法大系に昇華させた。
その意味では、今の彼女は、無限と黄金の魔女ではなく、その2つの融合した新しい称号で呼ばれるべきである。

(EP4.TIPS ベアトリーチェの称号)


ベアトリーチェの魔法大系に関する記事を
(1)無限の魔法(2)黄金の魔法と続けてきましたが、今回がその締めくくりとなります。
テーマは「後見人」についてです。一体これはどのような概念で、どのような意味を持つ存在なのでしょうか?
今回も例によって「ラムダデルタ卿の回想記」の内容に絡めた話になりますので、合わせてお楽しみ下さい。
また、世界構造についての話がメインとなりますので、こちらの記事も参考記事として挙げさせて頂きます。

続きを読む

ベアトリーチェの魔法大系 (2)黄金の魔法

>黄金の魔女は、「魔法実現」を基盤とし、空想の貴金属を顕現させる魔力は、<br> 希薄な魔法全てに顕現の奇跡を与える。
(EP4.TIPS ベアトリーチェの称号)


前回の記事の続きです。

ベアトリーチェには「無限と黄金の魔女」という称号を持っており、前回解説した「無限の魔法」と合わせて「黄金の魔法」も彼女の魔法大系を構成する要素であると考えられます。
作中には「六軒島に眠る黄金」「黄金の魔法」「黄金の真実」等、数多くの「黄金」の語を冠するキーワードが存在します。
それらを関連させて「黄金の魔法」について考察し、さらに「無限の魔法」を組み合わせることで実現する魔法大系についてまとめます。
続きを読む

ベアトリーチェの魔法大系 (1)無限の魔法

>無限の魔女は、「無限創造」を基盤とし、彼女の比類なき無限の魔力の根源となる。
(EP4.TIPS ベアトリーチェの称号)

「うみねこのなく頃に」
の重大な柱である「ベアトリーチェの魔法」について、後見人のラムダデルタとの関係に注目しながら整理をします。

ベアトリーチェの魔法大系は後見人のラムダデルタに高く評価されています。
ラムダデルタ卿の回想記」から抜粋すると、

>彼女ならではの独自の解釈
>それまでの私が知り得なかった、広大な魔法世界
>魔法世界はまだまだ生成されている途上にある。しかし、その生成に至る組成式は、完璧かつ無限の可能性を備えている。

のように、千年を生きる魔女にとってすら珍しく、レベルの高いものであると評しています。
ここから数回の記事を用いて、そのベアトリーチェの「無限」「黄金」の魔法、そして「後見人」についてまとめます。

続きを読む
管理人:どっぱん
記事検索
ギャラリー
  • 世界構造から考察する物語全体の流れ
  • 世界構造から考察する物語全体の流れ
  • 世界構造から考察する物語全体の流れ
  • 世界構造から考察する物語全体の流れ
  • 世界構造から考察する物語全体の流れ
  • 世界構造から考察する物語全体の流れ
  • 「うみねこのなく頃に」の世界構造
最新コメント