うみねこのなく頃に完全考察

竜騎士07作「うみねこのなく頃に」をミステリーとファンタジーの両方の視点から完全に考察することを目的としたブログです。

前提

前書き ~考察の方針と前提~

■はじめに

※当ブログは初プレイ時の楽しみを損なう可能性のあるネタバレを数多く含みます。
原作を最後までプレイしていない方はご注意下さい。


■3つの前提

「うみねこのなく頃に」
という作品には様々な前提を元にした解釈があり、それらは互いに否定されるものではありません。
ですので無用のすれ違いを回避するため、はじめに当ブログで行う考察の「3つの前提」を記します。

1.ファンタジーを否定しない
2.全てのシーンはどこかの世界の"真実"
3.竜騎士07を過小評価しない

これらの前提は当ブログの考察の方針を纏めたものであり、絶対の解釈ではありません。
このような作品の読み方に興味のある方に読んで貰えればと思います。

それぞれの前提についての詳細を「続きを読む」以降に記します。


続きを読む

挑めばミステリー。屈せばファンタジー?

「……1986年10月4日から5日の二日間のゲームについてはな。だが、そのゲーム盤の外についてまで、俺は魔女の存在を問うつもりはねぇぜ。」
「そもそも、悪魔の証明により、魔女の否定は不可能だ。そして、このゲームのルールに従い、赤でそれを語るのもステイルメイトで禁じ手だ。赤き真実でさえ、魔女の存在を否定はできねぇんだぜ。」

(EP5.戦人)

当ブログの考察方針「ファンタジーを否定しない」と言う前提があり、そこから世界構造の解釈でニンゲンの世界以外に幻想的な世界をいくつも認めています。
ここで、「それはファンタジーに屈したことになるのでは?」と思う人もいるかもしれません。
ですので、ここではミステリーとファンタジーの両方の視点による考察は、ファンタジーを完全否定する立場と大きな違いがないことを説明したいと思います。

続きを読む
管理人:どっぱん
記事検索
ギャラリー
  • 世界構造から考察する物語全体の流れ
  • 世界構造から考察する物語全体の流れ
  • 世界構造から考察する物語全体の流れ
  • 世界構造から考察する物語全体の流れ
  • 世界構造から考察する物語全体の流れ
  • 世界構造から考察する物語全体の流れ
  • 「うみねこのなく頃に」の世界構造
最新コメント